401k加入者必見!口座変更するだけで82,080円も資産の目減りを防ぐ方法

  • LINEで送る
SBI証券

今回は、ちょっと難しい確定拠出年金のお話です。

企業型401kに加入している方は、必ず目を通しておいた方が絶対良い内容のコラムとなります。

会社員として、ずっと働いて行く方、途中で退職された方についても、401kで積み立てた退職金は、本当に老後の備えとなり、どのように管理、運用され、将来どのくらい自分の手元に残す事が出来るのか?という事をしっかりと考えておく必要があります。

今回は、自分が退職したのに併せて、企業型401kを将来どのように管理・運用していく必要があるのか?を調べ、非常に重要な事に気付いたので、それを記事に纏めようと思います。

 

企業型401kとは

公的年金や企業年金などの従来の年金制度は「確定給付年金」と呼ばれ、国や企業が将来の年金の額を約束していますが、「確定拠出年金」では、加入者自身が資産を運用するため、将来支給される年金額はそれぞれの運用次第で違ってきます。http://www.smbc.co.jp/kojin/401k/kakutei/

簡単に言うと、会社から「退職金」という形で将来支給されるお金を、自分で運用商品を選び、増やす事が可能になっている。というもの。

国が行う老後の保障は「公的年金」ですが、給付を引き下げる方向にあることはご存じのとおりです。こうした流れを受け、老後の支えを充実させる企業年金に期待が高まっています。https://www.toushin.or.jp/dc/labo/vol1_yamasaki/

なるほど。

国は公的年金を引き下げているので、自分で増やしてどうにかしなさい、という事ですね。

現在、401k加入企業であって、

  • 今の現状に文句はない!
  • これから将来に渡って、会社を辞める事も無いし、増やす必要はない!
  • 減ってしまっても文句はない!

という方は、以下の記事は読む必要はありません。むしろ読まないほうが良いです。

 

401kは加入しているだけで資産が目減りする

実は、401kは加入しているだけで、「資産が目減りする」のはご存じでしょうか?

実際は会社から「退職金積み立て」という形で、支給されていますが、実際はそこから、「口座管理手数料」というのが、ほとんどの口座で「毎月徴収されていく」んですね。。。

そのため、簡単に401kを考えたときに

  • 401kで積み立てた退職金は、手数料で確実に目減りする
  • 「増やす事」を考えない場合、当然資産は一切増えない。元本確保型でも保証はない。

「資産を増やさず、手数料はしっかりと管理会社に納める!」

というような人は・・・・なんという立派な日本人なんでしょうね。笑

 

当然ながら自分ならこう考えます。

「資産は増やす事も考えるが、1円でも資産の目減りを防ぐ」事に重点を置いて考えます。

こういった話をすると、「○○の積み立て年金」という運用商品で運用しているので、元本は割れない。

という声が聞こえてきそうなので、実際のところどうなのか?私個人の口座を見て確認してみましょう。

 

401kでの「元本確保型」でも元本割れ保証なんて無い

簡単に言うと、元本割れしませんという商品はなさそうですね。

「あるよ!」という方は是非コメント頂けると参考にしますね!

 

下記の画像は、自分自身の「損保ジャパン日本興亜DC証券」の口座状況です。

現在運用している商品は下記の二つ。

  1. 第一のつみたて年金(元本確保型)
  2. セブン銀行確定拠出年金(元本確保型)

 

401K

 

あれ?

元本確保型なのに「-875円」とはどういう事だろう?

これでは一切「元本確保は出来ている」と言えない事になりますね。

もし、自分の運用商品が「元本確保型」で、なんらかのマイナスが出ている商品に関しては、早々と別の元本確保型にスイッチングした方がいい。という結論になります。

反面、「セブン銀行確定拠出年金」については、一切元本割れは発生していない立派な商品だという事がわかりますね。

-875円=120円のジュースが7本も飲める

401kを増やすなら、親しみやすい「日本株」から

今回、自分の口座に関しては、2008年の途中から、日本株+外国株の2本柱で運用し、上昇の勢いが無くなってきた、日経平均が16,000円の段階で一旦売却しました。

売却時には資産比に対し+80%近くの運用益が出せてました。パチパチ。

アベノミクスのお陰もあり、損益は+536,432円のプラス。

生ビール500円が大体1,070杯飲める計算になります。

 

会社から月々1万ちょい拠出してもらってたので、大体45~50カ月分近くは多めにもらった計算になりますね。

前職の方々、お世話になりました。ありがとうございます。

401kをこれから増やそうと思う方で、よくありえる質問がこれ。

  • 「何を買えばいいかわからない」

ANSER

  • 「日本人なら日本株買って下さい」
  • 「債券は買う必要ありません。増えないので」

株を買う時に必要なのは、「何を買うか?」ではなく、「いつ買うのか?」のタイミングさえ間違えなければ、何を買っても、最小限の損で抑えられると思います。

 

退職後の401kは解約出来るのか!?

以前勤めていた会社は、比較的出入りの早い会社だったため、「退職後の401kの解約は出来るのか?」という話がちょくちょく出てましたが、結論はこうなります。

401kのお金を一時金で受けられるケースがあります。
401kは原則として60歳まで解約できない仕組みなのですが、いくつかの条件が整った場合は、一時金としてもらうことができます。

(1)資産額が15,000円以下の場合
WEB等で自分の残高をチェックして、15,000円以下であった場合は無条件で一時金受け取りができます。
勤続3年未満で退職した場合は、会社が出した掛金を返すルールになっている場合があり、この場合は引き算した後のお金で15,000円以下なら一時金受け取りができます(会社によって掛金を返すルールのないこともある。詳しくは会社か401kのコールセンターで確認できる)。
この場合、退職してすぐ手続きをする必要がありますので、会社かコールセンターで確認をしてください

(2)退職後401kに入れない場合
退職して専業主婦(国民年金の第3号被保険者)になるか、転職先の会社で企業年金があるなどの理由で、401kに法律上入れない人は、一時金を受けられる可能性があります。
ただし、401kに加入していた期間が3年以下であるか、残高が50万円以下であることなどが要件です。
この場合は、退職後届く書類一式を確認のうえ、コールセンターに確認して手続きをしてください。http://allabout.co.jp/gm/gc/377940/

 

結論、自分は口座資金が50万を超えている為、60歳までは出来かねる、という、損保ジャパン日本興亜DC証券窓口の担当者の答えでした。

もし、本記事を見て、「それでも解約出来るよ!?」という方がいらっしゃれば、コメント頂けないでしょうか?すぐ解約するので笑。

 

退職後の401kは口座管理費の確認が必須

さてさて、会社を退職し、年金の拠出をされなくなった方は、ここからが資産の目減りと勝負になります。

簡単に言うと、先述した通り、「何もしなくても毎月口座管理手数料として資産が目減りしてしまう」ということになります。

具体的に、自分が現在運用している口座で、どの程度管理手数料を取られているのか?を確認してみましょう。

 

モーニングスター株式会社より抜粋

401K管理費

 

私は、「損保ジャパン日本興亜DC証券」の口座で勝手に加入されていたので、月額285円、年間3,420円も手数料として取られていた。という事がわかります。

退職し、拠出金が出ない今、「何もしなくても、年間3,420円も損する」計算になります。

得意の、ざっと計算をしてみましょう。

  • 1年間で3,420円の目減り
  • 10年間で34,200円の目減り
  • 30年間で102,600円の目減り

30年も積み重ねると、超大金ですよね。。。

現在自分は36歳なので、60歳まで24年あるので、このままだと、実質「82,080円」減らしてしまう結果になります。

これは、「何もしてなくても減ってしまう」事になるので、401kの加入の段階で、「何もしない」事の方がリスクになりそうだという事がわかりますね。

 

401k口座管理手数料はSBI証券が0円!

 

自分の口座は損保ジャパン日本興亜DC証券で3,420円/年も取られていたのに、なんとSBI証券は0円。(口座資産残高50万円以上が条件)

 

驚異的です。SBI証券

 

口座の移管時の手数料で3,857円かかる程度で、管理手数料は0円という驚異的数字!(事務委託先手数料は別)

SBI証券に口座を変更するだけで、将来にわたっての管理費が抑えられ、資産の目減りを最低限にしてくれます。

自分で調べている途中で気付いた為、口座をすぐにSBI証券に移管しました。

 

もし、確定拠出年金該当企業で働いており、すでに退職し、口座は以前使用していた口座でそのまま。。。という方がいらっしゃったら、SBI証券に口座変更するのをお勧めしますよ。

なんたって「手数料0円」ですから。

まとめ

確定拠出年金は、難しい様ですが、損したく無ければ・・・というところに集約されますね。

是非フェイスブックなどでシェアして頂けると嬉しいです☆

P.S

電力自由化に合わせて、電力もトレード出来るようになると、もっと面白くなるのに。そうしたら太陽光パネル投資するかも笑




 

 

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。






コメントを残す

yuichi