ボリンジャーバンドによる利益確定手法

  • LINEで送る

数あるテクニカル指標の中で、有名で多数のトレーダーに活用されているボリンジャーバンド。

その利点と欠点を確認し、又、利益確定のポイントについて説明しようと思う。

初心者トレーダーでもボリンジャーバンドは非常に使いやすく、とてもわかりやすいテクニカル指標となっているため、安心して使用してもらいたいと個人的には思う。

 

ボリンジャーバンドのメリット

ボリンジャーバンドのメリットとしては、バンドが収縮し、狭くなったバンドを突破しバンドから価格が拡散していくタイミングでポジションをとる、という方法で使うのが一番利益をとれる可能性が高い事で有名。

 

そして、ボリンジャーバンドも、パラボリックと同様に、トレンドが発生した時に、非常に利益を伸ばす事が出来る、強い味方となる。

ボリンジャーバンドのメリットとしては

  • 視覚的に上昇トレンドなのか下落トレンドなのか等、相場の状況を認識しやすい
  • バンドの収縮から拡大・拡散する状況によって、大きなトレンド相場に乗る事ができる。
  • ボリンジャーバンドを使用することで利益確定ポイントが明確化され、さらに非常に大きな値幅の利益が期待できる。
  • どの時間軸でも機能し、柔軟性が高い

ボリンジャーバンドのデメリット

非常に有効なテクニカル指標にも、当然デメリットがある。

ボリンジャーバンドのデメリットとしては

  • 逆張り指標としてうかつに使用すると、トレンドに逆らってトレードする事にもなり、利益を上げる事が非常に難しい
  • ボリンジャーバンド中央値が柔軟に設定する事が出来るため、変更することにより、相場に合わせて都合のよい設定にしてしまい、ドツボにはまる可能性がある。

などがある。

しかし、自分が今考えられるデメリットを改めて考えてみたが、意外とデメリットが少ないのも魅力の一つではある。

 

どのようにしてボリンジャーバンドを使うのが有効か?

ボリンジャーバンドの最大のメリットを享受するためには、やはりボリンジャーバンドの収縮から拡大になるときに、最大のメリットをトレーダーは受ける事が可能になる。

では図を見ながら考えてみよう。

  • まずは直近で大きな値動きをした、チャイナショックの時の4時間足。

 

ボリンジャーバンド利益確定

 

画像で見て頂くとわかりやすいが、ボリンジャーバンドは収縮してきたポイントから「バンドブレイクが確定」し、そのブレイクした方向へポジションを持つ。

というのが一番よいやり方だ。

ブレイクしてくるポイントとしては±2σ突破を基準として考えるのが成功率が高いと、個人的には思う。

しかも、より成功率を高める為には「突破してきた」という一時的な判断ではなく、「突破が確定した」という終値基準で判断しないと、フェイクに引っかかる可能性が非常に高いので要注意。

 

  • 次に1時間足でのボリンジャーバンドの動きを検証してみる

ボリンジャーバンド

 

ボリンジャーバンド1時間足をみてみる。

青いラインは±2σを突破してきており、その後、トレンドが順調に発生していった過程が確認がとれる。

また、赤く囲ったところは、ボリンジャーバンドが収縮しており、トレンド相場を発生させる予測ができる動きにもなっていた。

ここで大事なのは、ボリンジャーバンドが収縮からブレイクした方向にトレンドが発生する事。が非常に大事になってくる。

 

また、青いラインは画像をキャプチャした段階では確定はしていないので、「+2σを突破して確定できるか?」という確定後の判断が必要となる。

 

 

個人的にもボリンジャーバンドの強みは、収縮から拡散してく事で利益の取りやすい所にあると思う。

 

ボリンジャーバンドの利益確定ポイントはどこが理想か?

ボリンジャーバンドのメリットの一つとしては、利益確定ポイントも非常にわかりやすく、それに従えば、初心者の方でも比較的簡単に利益を上げることは十分に可能だ。というところにある。

利益確定ポイントとしては、発生したトレンドが継続して行く上で、いつかはトレンドの終了がくる。

そこで、ボリンジャーバンドでの利益確定ポイントは「±1σへ戻ってくる所」となる。

 

 

この手法は「マーフィーのスーパーボリンジャー」の著書でも勉強させて頂きました。

これも、パラボリックと併用すると、似たような地点で利益確定のサインを出してくれるので、単独でも十分機能する上、パラボリックと併用していただくと、より自信を持って利益確定できるようになる。

 

また、ボリンジャーバンド突破後から、±1σを割ってくるような状況となると、価格のボラティリティーは収縮という流れになるので、次の収縮までしっかり待って、焦らずにその時を待つのが、賢い投資家になる早道でもあると思う。

ボリンジャーバンド、利益確定手法のまとめ

バンドの収縮を待って、その突破を確認し、突破した方向にポジションを建て、バンドウォークにしっかり乗って、±1σを割り込んできたら利益確定。

その後は、しっかりと次のバンドの収縮を待つ。

 

自分もいろいろと勉強してきましたが、マーフィーさんの「スーパーボリンジャー」は初心者の方にも理解しやすく、

また簡単に取り組めて、勝率の高い手法だと、私個人的にも感じます☆

一読の価値、十分にありです。

 

ご納得頂けたら、是非、フェイスブックなどでシェアして頂けると、今後の励みになります。



 

[amazonjs asin=”4534047835″ locale=”JP” title=”マーフィーの最強スパンモデルFX投資法”]

 

[amazonjs asin=”4198636494″ locale=”JP” title=”勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書)”]

 

[amazonjs asin=”4775964143″ locale=”JP” title=”スパンモデル・スーパーボリンジャーを用いた実践トレードコーチング ()”]

 

 


SNSでもご購読できます。






コメントを残す

yuichi