たったの30分で完了する?確定申告は全然難しくなかった♬

  • LINEで送る
ビジネスクラス

今回は、確定申告についてのコラムです。2015年の旅行記についてもちょこっと載せたので、最後まで見て頂くと嬉しいです。

2015年度の確定申告行ってきましたので、その内容について書いてみたいと思います。

トレーダーでなくても、副業をされている方で収入が20万?(FXや先物については20万以上)ある方は、確定申告の必要があります。

たくさん稼いで、しっかりと納税する!誰にも文句は言わせない!という気持ちで一杯の自分です。

今年も確定申告の時期がやってきたので、さっそく行ってきました。

 

確定申告と言うと、誰もが「難しい」というイメージをお持ちかと思います。

実は自分も、確定申告する前まではそうだったんですね。。。

なので、5,6年前くらいからちょこちょこ稼げるようになって来た頃、どうしても、「確定申告」というキーワードが苦手で苦手で。。。

非常に大きく立ちはだかった壁でした。確定申告をする前までは。

今回はそんな確定申告について、もし「苦手、めんどくさそう」というイメージをお持ちの方が入れば、この記事を読んで頂き、確定申告についての悩みを解決してもらえればと思います。

 

確定申告が「苦手だと思っていた」理由

冒頭から述べている様に、自分は確定申告が苦手だと思っていたんですね。

その理由は?というと、「自分の親を見ていて、確定申告がめんどくさそう!」と小さい頃から思っていたんです。

 

自分の親は、自分が物心ついた頃から自営業をしており、2月から3月のこの時期になると、母が「また確定申告の時期が来たねー。。」と言いながら、1週間ほどかけて電卓をカチャカチャしながら申告書を作っていたんですね。以前は。

そういった姿を見て来て育つと、やっぱり正直に「確定申告ってめんどくせ。」って、「やってもいないうちから決めていた」自分がいるのは当然かと思いますね。笑

 

「親が歩んできためんどくさい道を子供は進んで望む訳がない現実」ってやつですね。

しかし、株やFXで稼ぐ以上はその確定申告の立ちはだかる壁を突破する必要がありました。

 

現在の確定申告はどうなっているのか?

この記事を読んで頂いた方の中ではもうご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、現在の確定申告はどうなっているのか?と思う方もいらっしゃるかと思うので、念のため。

今の確定申告はというと確定申告

  • 一昔前 ⇒電卓叩いて、意味のわからない単語を横目に収入、経費等を自分で計算し、税務署に申告。間違いがあれば修正し、再度提出。
  • 現在 ⇒電卓等は必要なし。PCで全て完結。以上

ちょこちょこっとPCがいじれる方であれば、確定申告会場に行って、ちょこちょこ入力すれば、ものの30分程度で終わるのが、今です!

特に、自分の住んでいる宮崎市は、PC画面の案内通りに進んで行き、何かわからない事があれば、近くの担当者を掴まえれば、親切・丁寧に教えてくれるので、非常に楽です。

まぁー、なんというか、いい時代に産まれて、素晴らしい技術の進歩に囲まれて生活するって、本当に素晴らしいなと思う、今日この頃ですね。笑

あ、そうだった、2カ月前までこの建物の数階かで、8年も自分働いてたんだ!

と思い返せる場所でもありますね。

 

確定申告の手順 (給与所得者の場合)

確定申告の手順を簡単に説明しようと思います。本当にざっくりなので、詳細は申告時に担当者に聞いてください。

持参する物

  • 源泉徴収表
  • 医療費を申告する方は、医療費の明細書(10万以上使った方は絶対申告するべし)
  • 家、マンションなどを購入されている方は、住宅借入金等特別控除額の計算明細書(借り入れた金融機関が発行してくれる明細書、これは会社の年末控除の段階で申告しておけば必要ない)
  • 先物・FXで収入のある方は、証券会社から「株価指数先物・オプション取引年間損益計算書」等、それに該当する物をダウンロードして印刷しておく

くらいになります。

PCの前に立ったら、所得税(源泉徴収表に全て記載がある通り)⇒医療費控除(使用した医療費はあらかじめ計算しておく)⇒住宅借入金等特別控除額の計算明細書(これも担当に聞いた方が早い)⇒先物・FXの「雑所得」分を入力していく。

という手順になります。

自分は税のプロではない為、詳細まで説明できずに申し訳無いですが、ざっくりと説明すると以上となります。

知識が無くても、申告会場の方がHELPしてくれるんで、全然心配しなくても大丈夫。まずは何でも「やってみる」事が大事ですね☆

確定申告をして思う事、稼ぐ事で出来るようになる事

確定申告はずっと嫌だなーと思ってたんですが、初めて申告をした時、やっぱりちょっとわからないな、という部分が実際の所あったんですね。

しかし、一度やってみると、翌年の確定申告もガンガン稼いで税理士にアピールしてやる!くらいの気持ちにはなりますよ。絶対。

また、会場にはいろんな人が来るので、「こんなおじさんで商売出来るなら俺も俄然出来るね♬」という、なんというか、安心感すらありますね。笑

 

又、昨年は、稼いだお金はたっくさん使いましたね笑。

稼いだら、使う!というのをモットーにしているので。

ちょっと雑談にはなりますが、2015年は、本当にいい年だったなと思います。

 

トレードで稼げた結果

ちょっと旅行記っぽくなりますが、興味のある人は是非☆

2015年に叶えた旅行

  • 4月 コスタ・ビクトリアで行く、台湾・石垣島クルーズに行けた事
  • 6月 念願のBALI旅行

 

自分は飛行機が大好きで、いつかはビジネスクラスに乗って海外旅行に行きたいなと思ってたんですね。

ビジネスクラス

 

↑これ。

いっつもこの分岐点で、「いつかはビジネス!」と思う人はいっぱいいると思う笑。

そのビジネスクラスに乗って、2回目のBALIに家族で旅行に行けた事☆

5泊7日の旅で80万近くかかったけど、まぁ、稼いだから出来る事!と思いつつ、奮発しました。

 

それにしても、初めてビジネスクラスに乗った時の感想と言えば・・・

  1. 待ち時間が楽しくなる
  2. 専用ラウンジが使える(この段階でビールを飲む)
  3. 誰よりも先に通される優先搭乗。ビジネス専用の分岐を渡る(優越感に浸れるタイミング)
  4. シートがとことん広くて逆に動揺する
  5. 席につくなりシャンパンを開けてくれる(また飲む)
  6. 離陸後、すぐに飲み物は?と言われる(ビンタンビールを飲む)
  7. 食事の注文を受ける(この時は、和食・洋食・インドネシア料理から選択。残念ながらみんなが自由に選べるわけではない笑)
  8. 食事の飲み物を言われる(さらに飲む、この段階で相当酔う)
  9. 寝る
  10. そして、起きる
  11. お腹一杯なところを追いうちをかけるように飲み物と軽食の注文を取りに来る
  12. 食べて、再度、ビールを飲む。
  13. 「上空の飲みすぎはしんどい」とちょっと飲むのを控える
  14. また寝る
  15. 起きる。そして到着

 

  • 機内の様子。全然足が届かない 😯

ビジネスクラス

 

  • 搭乗するなりCAさんがシャンパンを開けてくれた 😳

ビジネスクラス

 

  • BALI島のホテルについた頃には夜の8時(ロイヤルピタマハ泊)

http://www.royalpitamaha.jp/

バリ島は、本当に素敵な所が多いです。

ロイヤルピタマハ

 

  • ロイヤルピタマハのロビーの眺め

ロイヤルピタマハ

 

  • 部屋から出てプールから見えるウブドの景色

ロイヤルピタマハ

 

  • お部屋のご様子 娘は大喜び笑

ロイヤルピタマハ

 

ロイヤルピタマハに2泊。

宿泊特典のスパも付いていて、嫁さんと交代で受けてきました 😀

部屋にもプールが付いていて、娘はすぐプールに入りたがるので、 何度もプールに入る羽目に笑。

食事も最高でしたね。

 

そして、バリ島で泊まりたい所のランキング上位に入っている、あの有名な「ロック・バー」がある、

アヤナ・リゾート・スパ・バリにも泊まってきました笑

http://ayanaresort.com/jp

 

バリ島旅行を検討されてる方は、是非お勧めです!

あまりの景色のすごさと壮大さに、ビックリします笑

 

アヤナリゾート

 

6月にバリに行った理由として、嫁さんの誕生日が6月なので、その誕生日のお祝いも兼ねて。

ロックバーでお誕生日会をしました。

 

インド洋に沈む夕日☀最高です♬

ロックバー

 

ロックバーのサンセット。

これを見るために、バリ島内外から、凄い数の観光客が訪れます。

アヤナリゾートに宿泊している方のみ、優先ルートから入れるので、見ようと思っている方は、妥協せず、アヤナリゾートに泊まるべし☆

このロックバーではDJが雰囲気に合わせて音を流してくれる上、とりわけ雰囲気が凄くいい!

凄くいい以外の言葉が出ないくらい「イイ」です!

まとめ

ちょっと旅行記っぽくなっちゃったけど、今後旅行記のブログも作る予定なので、応援&シェアして頂けると非常に嬉しいです。

とりあえず、稼ぐ事で夢は叶う。という記事でした。





 

[amazonjs asin=”4398278389″ locale=”JP” title=”まっぷる バリ島 (まっぷるマガジン)”]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。






コメントを残す

yuichi