今よりさらに効果的なボリンジャーバンドの使い方

  • LINEで送る

 

今回はボリンジャーバンドの内容や、簡単な使い方について説明して行きたい。

数あるテクニカル指標の中でもボリンジャーバンドは有名で使いやすく、人気のあるテクニカル指標の一つとなっている。

ボリンジャーバンドは、統計学の標準偏差と正規分布の考え方に基づいて作成されているチャートとなり、基本的にはパラボリック同様、「トレンドが発生した時」に最も力を発揮するテクニカル指標となっている。

よく言われているのが、ボリンジャーバンドは逆張りにも順張りにも使用できるテクニカル指標と言われているが、個人的に思うのが、ボリンジャーバンドは逆張りでは非常に使いにくいというか、わかりにくいと言うか、逆を言うと、ボリンジャーバンドの正しい使い方は、順張りに徹したほうが、非常に簡単に理解できるという内容だ。

 

ボリンジャーバンドの考案者のジョン・A・ボリンジャーの著書「ボリンジャーバンド入門」でも序文から、

 

「投資家の欲しがる最も重要な情報のうちのいくつかは、bandが破られたときに得られるものである」

(抜粋)

 

と記載してあるほど。

 

[amazonjs asin=”4939103536″ locale=”JP” title=”ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)”]

 

ボリンジャーバンド著者本人も、「ボリンジャーバンドの最大のメリットはバンドが破られるときにこそ・・・」と書いてあるので、その部分が最大のメリットであると理解しておいても問題はないと思う。

 

では、そんなボリンジャーバンドを複雑に考えずに、シンプルにトレードしてしかも勝つ為には・・・?

と考えたら、もうお分りだろうが、ボリンジャーバンド突破だけを集中して使用すれば、勝率は高まるという結論になる。

 

 

ボリンジャーバンドの構成と使い方

では、ざっくりボリンジャーバンドの説明をしておくと、相場のボラティリティーに合わせて、「バンドが拡大収縮を繰り返す」バンドであり、±1、2、3σからのバンドの線で構成される。

ボリンジャーバンドの基本的な構成は以下の通りでバンドの中に収まる確率は以下の通りである。

  • ±1に収まる確率=68.26%
  • ±2に収まる確率=95.44%
  • ±3に収まる確率=99.73%

ボリンジャーバンドの良いところはトレンドが発生する前は、

  • ボリンジャーバンドが収縮している状態から、トレンドが発生する方向にボリンジャーバンドが破られ、そこからトレンドがスタートしていく

という状況になるため、視覚的に見方が簡単なテクニカル指標である。

確立はあくまでも確立なので、参考程度に覚えておいて特に支障が出るわけではないので安心していい。

又、強いトレンドが発生している時は、トレンドが発生している方向とは逆のバンドも反対方向に広がって行く状態になる。

逆に、弱いトレンドの場合は、トレンドが発生している逆の方向のバンドの拡大が継続しない所も非常にわかりやすい。従って、バンドが破られた時は「<」の状態でバンドが拡散していく。というのが理想である。

それではチャートを見て確認して見よう。

 

4時間足ボリンジャーバンドの収縮と拡散

(Ctrl+Shift+クリックで別ウインドウ表示)

ボリンジャーバンドの使い方

 

画像を見て頂くとわかりやすいが、強いトレンドが発生する場合、ボリンジャーバンドの突破とともに、反対方向のバンドも拡散している状況になる。

逆に、弱いトレンド場合(オレンジの枠)の場合は、反対方向の広がりが弱い。

バンドの突破も非常に大事だが、発生したトレンドの強弱を把握するには反対側のバンドの拡散状況も確認頂くと、把握しやすいだろう。

又、バンドの拡大が弱くなってくるサインも「反対側のバンドが縮小、株価に近づいてくる」状況になるので、これも覚えておいて損はない。

最も、今回の画像は4時間足を載せているため、なかなかこういった大きく動く相場には出会えないが。

 

 

 

ボリンジャーバンドの得意技・バンドウォーク

ボリンジャーバンドの強みとして、「バンドウォーク」が代表的である。

バンドウォークとは、その名の通り、±1σと±2σの間のバンドに沿って歩くように株価が動くのでその名前が付いている。

ボリンジャーバンドの拡大と強いトレンドが発生しているとき、頻繁にバンドウォークが観察されるので、トレーダーはこれを見方に付けておきたい。

 

  • 画像は1時間足 (Ctrl+Shift+クリックで別ウインドウ表示)

ボリンジャーバンド

 

画像を見てみると、強いトレンドが発生しているときは、トレンド方向にバンドを突破し、又、突破した反対方向のバンドも拡散しているのが確認が取れる。

又、トレンドが発生しているときは、ボリンジャーバンド±1σと±2σの間に沿ってバンドウォークが発生しているのが確認が取れる。

強いトレンドが発生している場合、このバンドウォークに乗って、利益を最大化する努力が必要と思う。

 

又、「バンドに±2、及び3σに触れてきたから」と言って、安易に逆張りをしてしまうと、あっさり損してしまうため、現状がトレンド発生の可能性があるのか、揉み合いの相場なのか、というのをバンドの幅、角度なのでしっかりと把握したい。

ボリンジャーバンドで一般的に言われている逆張りの手法の場合、バンドの幅が広く横這い状態で、±1σがほとんど水平の状態がある。その場合は比較的使える可能性はあるが、個人的には得意ではないのでお勧め出来ない。個人の裁量で使用して頂ければ良いかと思う。

ボリンジャーバンドの利益手法についてはボリンジャーバンドによる利益確定手法で書いてあるので、こちらも参照して頂きたい。

まとめ

ボリンジャーバンドはバンドの収縮から拡大して行くときに、利益が伸びやすく、比較的初心者の方でも視覚的に理解しやすいものと思われる。是非ボリンジャーバンドを使用して利益の拡大に努めて頂きたい。


SNSでもご購読できます。






コメントを残す

yuichi