移動平均線の見方

  • LINEで送る

5日線投資法において、基本となるテクニカル指標が移動平均線。

移動平均線はテクニカル指標の中で最もメジャーなテクニカル指標の為、意外と5日線を見てない方も多いかもしれない。

しかし、効果は非常に大きく、5日線の方向に逆らって取引するとあっという間に損してしまう。

 

今回はその移動平均線を使う「5日線投資法」をベースに説明して行こうと思うので、最後まで読み進めてもらいたい。

移動平均線の基本的な数値は、短期5、中期25、長期75を、「基本的にどの時間軸でも使用」することを最初はお勧めする。

又、単純移動平均線の計算方式はとても簡単で理解しやすく、例えば5日線の場合は、5日間の終値の合計を5で割って算出された数字を線で結んで行くだけ。

 

逆に、5日線に従ってトレードすることが大きく資産を伸ばす秘訣でもある。

又、移動平均線の面白いところは、その期間に取引したトレーダーの平均コストになると一般的に考えられている。

従って、移動平均線を割る=取引コストの逆転になるので、価格が反転しやすくなる。

※当然ではあるが、移動平均線を割るだけの条件では反転しないのでご注意を。

又、移動平均線について簡単に見解をまとめてみた。

  • 長期移動平均線がどちらかの方向に傾いているとき、短期移動平均線を割って来ても、長期移動平均線の方向に再度ブレイクして行きやすい
  • ダウ理論等を前提に、大局観のトレンドを把握し、トレンドが傾いている方向に対して、さらに5日移動平均線でタイミングを計って行く。

 

5日線投資法では基本的に単純移動平均線を使用する

移動平均線の種類には「指数移動平均線」「加重移動平均線」がありますが、5日線投資法では、基本的に単純移動平均線を使用。

理由としては、5日線をベースに発生するトレンドをとっていく・・というトレードのため、「トレンドが発生している」という事が前提にるためだ。

そのため、「発生したトレンドは明確なサインが出るまで終わらない」という事を考えると、直近の動きに重きを置いている、「指数移動平均線」「加重移動平均線」を使用する理由はあまりないと思う。

これは参考程度で、各トレーダー自身の使いやすい指標を使って頂ければ、それが一番だと思う。

では、実際にどのように5日線が機能しているかを画像を見て確認して頂きたい。

  • 画像は日足。

5日線

 

 

上の画像を確認するとよくわかるが、5日線に沿って取引することで、感覚的に、簡単に利益が得られそうな感覚が得られるはずだ。

 

USD/JPYの5日移動平均線ではどうだろうか?

この5日線投資法が特定のジャンルだけ機能する、というのであれば、若干頂けない為、USD/JPYの画像をみて確認する。

  • 画像は日足。

5日線投資法FX

 

 

 

これもやはり同じように5日線がしっかりと機能している事がわかる。

トレードにおいては、FX、先物、株式取引のジャンルを問わず、有効だと思われる。

又、トレードの世界では5日線に従って、しっかり5日線を分析することで、トレードの成功率を飛躍的に高めることが出来るようになる。

■まとめ

5日線を越えてきた場合でも、すぐ上昇・下降するわけではないので、そこはトレードの真髄、ダウ理論を併用することで、安定して利益を出せる投資法になってくると思われる。

 

 

 

[amazonjs asin=”4761267038″ locale=”JP” title=”移動平均線の新しい読み方”]

 


SNSでもご購読できます。






コメントを残す

yuichi